災害・危機管理ICTシンポジウム2013 通信・センシング技術の震災対策への応用と実用化
次世代安心・安全ICTフォーラムでは、東日本大地震から得た教訓を基に、災害時においてICTシステムに期待される事項を提言としてまとめています。 これを基に本シンポジウムでは、防災に関するニーズに精通した学識経験者と、シーズを提供する研究開発者との講演の後、講演者を含めたパネルディスカッションを通じて、 今後の震災対策として必要な技術開発課題とその研究体制、利用可能な技術の実用化への道筋についての検討を行ないます。
201328日(金) 10:30~16:25
パシフィコ横浜 アネックスホール
会場のご案内:震災対策技術展ホームページ
本シンポジウムは終了いたしました。ご来場誠にありがとうございました
《 当日の発表資料等は以下からダウンロード頂けます 》
PROGRAM
10:30 - 10:35 開会挨拶 次世代安心・安全ICTフォーラム企画部 会長 熊  谷    博  
10:35 - 10:40 来賓挨拶 総務省情報通信国際戦略局技術政策課研究推進室 室長 松  井  俊  弘
10:40 - 11:20 基調講演 1 東日本大震災からの課題と対応の現状(自治体ICTの側面から)
仙台市情報政策部 部長 今  井  建  彦
11:20 - 12:00 基調講演 2 耐災害ICT研究の取り組み
(独)情報通信研究機構 耐災害ICT研究センター センター長 根  元  義  章
12:00 - 13:00 昼      食
13:00 - 13:40 講    演 3 航空機搭載小型SARの開発
日本電気(株) 誘導光電事業部 主席技師長 村  田    稔
13:40 - 14:20 講    演 4 GPS海洋ブイを用いた津波早期検知システムの開発
高知工業高等専門学校 教授 寺  田  幸  博
14:20 - 15:00 講    演 5 大規模災害時に被災サービスの即時復旧を可能とする可搬型ICT基盤技術
日本電信電話(株) 未来ねっと研究所 主幹研究員 坂  野  寿  和
15:00 - 15:20 休      憩
15:20 - 16:20 パネルディスカッション
テーマ:  ―通信・センシング技術の震災対策への応用と実用化
モデレーター:  (独)情報通信研究機構 電磁波計測研究所 所長 井  口  俊  夫
※パネリストは産学官のそれぞれの立場での意見。
 
16:20 - 16:25 閉会挨拶 (独)情報通信研究機構 電磁波計測研究所 所長 井  口  俊  夫  
Copyright © 2013 ICT Forum for Security and Safety. All rights reserved.